なんでも聴いてやる(つもりではある)

…と言いつつ偏るべな。

オウべイのRock / Pops

本日はキャロル・キングの日となっておりますよ。







そうです。キングです。キャロル・キング(Carole King)です。
本日は、キャロル・キングの生誕を祝う一日となっているんです。

そして、そうだ、あの曲を聴こう。

まだ、自身がシンガーとして本格的に前面に出て活動する以前の1962年。職業作曲家として、若くして大成功を治めていた頃のウルトラ名曲兼スーパー名曲。

「It might as well rain until september」だ!!! 



なんか、自分で歌ってヒットさせるつもりじゃなくって、デモ・バージョンのつもりで録ったらば、ドンしゃちょーが発売しちゃったんだってよ。思わず、「お、おう・・・」と言ったべな。

 さて、そんで、このゴッド級の名曲ですがね。
一聴するとフツーのアメリカン・ポップスに聞こえるかもしれませんが、 コレ、真の名曲ですからね。ココロして聞いて・・・




・・・くれなくっても良いのよね。


リラックスして聴いてちょーだい。(←財津イチローさんの音声で)


ま、聴くのはリラックスでイイですね。
ただ、できれば、一回は分析的に聴いてみて欲しいね。

一番低い音、高い音。
どの音を何回使っているか。
一小節で何音使っている。
次の音への高低差は何度が多いか。
音価の使用比率はどうか。
上記が、Aメロ、Bメロ、サビではどう変化するか。

・・・などなど、思いつく限り分析すると良いかと。 

発見だらけになるかと思いますが、 聞きやすくて、聴き飽きない名曲って、こうなってんだなと理解できると楽しいと思う。改めて創作意欲も湧くっつもんですよ。

で、そんなマーベラスな名曲ですが、微妙に、入手困難です。なにしろ、ご本人名義でシンガー活動を行ってなかった時期のもんですからね。
 

・・・と思ったら、あったぞ。


The Songs of Carole King
Carole King
Not Now
2013-04-02

 
ジャケ写は70年代のだけど、内容は1958〜62年の作品が収録されてるってさ。上記の通り、この時期はあくまでも作曲家だから、自身の歌唱によるものはチョットしか入ってないけど、うわー、でもコレ、内容豪華だわ。しかも、安いし。

オレも買おう、コレ。

 


にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村


フックは無いけど気にするな。

ロングブランチ/ペニーホイッスル
ロングブランチ/ペニーホイッスル
ヴィヴィド・サウンド
2017-01-31


グレン・フライ(Glenn Frey)とJDサウザー(J. D. Souther)のデュオですね。イーグルス(Eagles)結成前に組んでたっつーヤツですね。1970年のリリースだそうですよ。

いかにもなウエストコースト・サウンドですよ。
ロックンロール、フォーク、カントリーがベースとなって、そこに激動の60年代を越えた、新しい時代のエッセンスが・・・




・・・特に、加わっておりません。



 
つまり、イカニモなサウンドってコトですね。

悪くはありませんよ。なかなかのスルメ盤だと思います。
ただ、コレと言って、音楽的なフックはありませんね。
一聴して印象に残る曲はありません。

んな訳なので、ワタシのような、ウエストコースト・ロックとかが時代遅れとされていたバブルの時代にココら辺の音楽を漁っていたようなタイプのヒト以外にはオススメしません。

なんだ、この記事。営業妨害か。

でも、 買ってくれ。


 

にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村
livedoor プロフィール
ギャラリー
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ