街の色
阿佐ヶ谷ロマンティクス
Pヴァイン・レコード
2017-01-25


むかーし、シティポップスというコトバがありましたが、ソイツには、70年代系統と80年代系統がありましたね。前者だと、ティンパンアレー、荒井由実、後者だと、稲垣潤一、杉山清貴あたりが、代表的なヒトタチでしょうが、この、阿佐ヶ谷ロマンティクスさんは、ソレで言うところの、70年代系統シティ・ポップスの正統なる後継者って感じがします。シュガーベイブを現代に展開させた感じと言ったら分かるヒトにはわかりやすいかな。気張りすぎない、リラックスした気持ちの良い、少しだけロック寄りの東京ポップスって感じ。70年代の機材でもそのまま再現可能な音作りと、アレンジ、演奏。下手すると、緩すぎて聴くに堪えないモノにだってなりかねないけど、楽曲がしっかりしてるので、あっと言う間に聴き終わってしまう感覚。

よいアルバムだと思います、はい。


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村